【令和】新年号を書いた人は誰?茂住修身の経歴や顔画像は?!

みなさん、こんにちは!

2019年4月1日、新年号が発表され、「令和」と決まりましたね!!

予想は、「安」や「光」が入るのではないかとされていたため、全く予想外の新年号になりました!

今回は、菅官房長官が新年号を発表した際に、「令和」と書いた書道家の人は誰なのか、まとめていきます!

スポンサードリンク

【令和】新年号を書いた人は誰?

新年号を発表をしたのは、現在、安倍内閣の官房長官を務める菅義偉(すが よしひで)さんでしたが、

その発表の際、「令和」と書かれた人物は、

茂住修身(もずみ おさみ)さん

という方でした!!

では、この茂住さんのプロフィールをご紹介していきます!

茂住修身の経歴や顔画像は?!

茂住修身さん

  • 名前 茂住修身(もずみ おさみ)
  • 役職 辞令専門官(政府の辞令を書く専門の役職)
  • 学歴 大東文化大学 卒業

茂住さんは先週金曜には、新元号を書くリハーサルを行っていたそうです。

とても美しい字でしたね!

ちなみに、茂住さんでさえ新年号は、書く直前にしか教えられないようです!

スポンサードリンク

ネットでの反応⁉

https://twitter.com/yuuki_gz20/status/1112571097843535872

まとめ

今回は、菅官房長官が新年号を発表した際に、「令和」と書いた書道家の人は誰なのか、まとめていきました!

とても綺麗な字で印象的でしたね!

令和、まだ違和感がありますが、とてもかっこよくて素敵な新年号になってよかったですね♬

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です