日本の映画産業

中野の365日ブログ:日本の映画産業日本人

の豊かな文化は世界的に知られています。アニメ、寿司、ラーメンなどの有名な日本の定番のほかに、日本は映画産業の主要国の1つでもあります。日本の映画産業は、米国、カナダ、中国に次ぐ世界第4位であり、映画製作において大きな偉業を成し遂げてきました。

笠原隆は日本の著名な俳優の一人です。 1995年に京都で生まれ、幼い頃から多くのことを成し遂げ、スターの座を獲得し続けています。タカシのタレントマネージャーは、彼が幼い頃から俳優になることにすでに興味を示していたことを共有しています。彼は映画のシーンを模倣し、線を記憶して独自の方法でそれを再現しました。 

タカシのような俳優は、日本の映画産業と同じくらい成功した何かの一部であることが幸運です。今日までそれはまだ成長していて、世界中のファンに愛され続けています。 

日本で最も人気のある映画日本で

最初の映画製作は、1897年に歌舞伎と呼ばれる日本の伝統的なドラマが無声映画に作り直された大阪にまでさかのぼります。その後すぐに、戦争やサムライ映画が登場し始め、やがて人気が高まりました。今日、日本の映画産業は、海外の視聴者にも愛されている映画をリリースし続けています。 

日本からの人気映画のリリースには、次のようなものがあります。 

  1. 千と千尋の神隠し
    -この映画の筋書きは、10歳のちちろの物語を中心に展開しています。彼女と彼女の両親は彼らの新しい家に旅行していて、放棄された村に出くわします。ちちろの両親はすぐに不幸な運命をたどり、豚に変わった。映画の残りの部分は、新しい友達や敵に会う冒険であり、チチローが両親を連れ戻すための探求です。
  2. あなたの名前
    -「あなたの名前」は、田舎に住む高校生の宮和光葉と、都会の少年立花瀧の物語です。彼らはすぐに、朝起きたときに体を切り替え始めることに気づきます。このロマンス映画は世界中で2億8100万ドル以上を獲得し、これまでで最も人気のあるアニメ映画の1つになっています。
  3. もののけ姫
    -この壮大なファンタジー映画は、ある日、村を悪魔から守った勇敢なアシタカという名前のエムシ王子の物語に続いています。この映画は、国内外の視聴者に広く愛されました。

かぐや姫の物語
-日本の有名なアニメ映画のもう1つは、竹の茎の中で成長する指のサイズの小さな女の子の物語を中心に展開しています。彼女は竹カッターと彼の妻によって発見され、かぐやという美しい女の子に成長します。彼女が年をとったとき、何人かの男性が結婚で彼女の手を求めたいと思ったが、かぐやは最初に彼女の運命に立ち向かわなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
2021 中野の365日ブログ All rights reserved.