レイモンド淡海保育園の園長は演技の嘘泣きは本当?責任逃れの涙?!動画あり

みなさん、こんにちは!

2019年5月8日に大津市で、保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故を受けて、園長らが会見を開きました。

その会見で、園長は嘘泣きをしていたのではないか、あれは演技だという声がSNS上で上がっています。

今回は、レイモンド淡海保育園の園長は演技の嘘泣きなのか、また責任逃れをしているのかネットの意見などをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

大津市の園児死亡事故とは?

2019年5月8日に起きた大津市の園児死亡事故について簡単にまとめました。

午前10時00分頃

事件に巻き込まれた「レイモンド淡海保育園」のうさぎ組の園児たちが散歩のため保育園を出発。

横断歩道を渡ろうとして信号待ちをしていた。

 

午前10時15分頃

大津市大萱6丁目の交差点で車同士が衝突し、はずみで歩道にいた園児と保育士に突っ込む事故発生。

この事故で園児13人と保育士2人が病院に搬送される。

事故直後の現場画像。フェンスが大破し、かなりのスピードで突っ込んだことが確認できる。

 

午前11時30分頃

事件に巻き込まれた園児2人の死亡、

さらに園児2人が重体、園児と保育士女性2人が重軽傷を負ったことが報道された。

滋賀県警は大津市の無職、新立文子容疑者(52)と下山真子容疑者(62)を現行犯逮捕。

 

午後18時00分頃

レイモンド淡海保育園を運営する社会福祉法人「檸檬(れもん)会」(和歌山県紀の川市)の前田効多郎理事長らが会見。

 

以上が大津市で起こった事故の内容です。

幼い命が奪われる事故は本当に悲しいですね。

レイモンド淡海保育園の園長は演技の嘘泣きは本当?責任逃れの涙?画像あり

事故が起こった日の夕方に会見が行われ、会見には「レイモンド淡海(おうみ)保育園」の園長である若松ひろみ園長も出席されました。

若松ひろみ園長

会見での若松ひろみ園長の発言としては、

亡くなった伊藤雅宮(がく)ちゃんと原田優衣ちゃんについて、

「とても素直でいつも笑顔を絶やさない子でした。すいません、なにも言えないです…」

とこたえ、記者からの事件前の園児の様子について聞かれると、

「いつもと変わらず出て行きました。申し訳ありません…、申し訳ありません…」

と話し、号泣し泣き崩れる様子が見られました。

泣き崩れる若松ひろみ園長

この会見に対して、様々な声がネットで上がっています。

この会見に対して、

泣き方が嘘っぽい、演技のような泣き方、泣くことで責任逃れをしているなどの声が上がったのです。

では、どのような会見であったのか、動画の一部をご確認ください。

会見の動画を確認する限り、演技で嘘泣きをしているようにはとても思えませんが・・・

このような声が上がってしまった理由としては、

  • 会見で涙が見えなった、見えにくかった
  • レイモンド淡海保育園には園庭がなく散歩が多かった
  • 園長が泣く姿を見たくなかった

などがあげられます。

園庭があってもなくても外にはお散歩をしますが、もし園庭があれば・・・なんて気持ちから批判に繋がってしまっているのかもしれません。

しかし、この園長の会見が演技で嘘泣きであったとはとても思えませんね。

毎日にように見てきた可愛い子どもたちの命が失わたのであれば、会見でこのような姿になってしまうのは納得できます。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、レイモンド淡海保育園の園長は演技の嘘泣きなのか、また責任逃れをしているのかネットの意見などをまとめていきました。

最近では交通事故が多発しており、悲しくなりますね。

交通事故がなぜ起きてしまったのが考え、今後このような痛ましい事故が起きないよう対策をしていかなければいけませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です