【川崎市通り魔事件】犯人の名前を公表しないのはなぜ?理由は在日外国人?精神障害者?!

みなさん、こんにちは!

2019年5月28日、午前7時45分頃、神奈川県川崎市多摩区登戸新町の路上で小学生などの複数が刺された事件がありました!

この事件で犯人の年齢などが分かっているにもかかわらず、犯人の名前などが全く公表されませんね。

いつもならすぐに犯人の名前や職業などがすぐに報道され、特定されていくのですが、

事件から時間が経っても未だに犯人の名前がでてきません。

今回は川崎市通り魔事件の犯人の名前を公表しないのはなぜなのか、その考えられる理由をいくつかまとめていきます!

スポンサードリンク

【川崎市通り魔事件】とは?

2019年5月28日に、神奈川県川崎市多摩区登戸新町の路上で無差別に小学生などが刺される事件がありました。

事件は、川崎市の路上でスクールバスを待っていた小学生や大人が男に次々と包丁で刺された。

警察や消防によりますと、これまでに小学生の女の子16人と大人の男女2人の合わせて18人が、男に次々と包丁で刺されて病院に運ばれ、これまでに小学6年生の女の子1人が死亡したのに続き、新たに30代の男性の死亡が確認されたということです。

また現場に駆けつけた警察官が、植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。

近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与した疑いがあるとして、この男の身柄を確保した。

犯人は、事件後に自分で首のあたりを刺し、搬送先の病院で死亡が確認されている。

事件発生時、スクールバスに並ぶ小学生に犯人は「ぶっ殺してやる」と言いながら、刃物で襲い掛かったようです。

現在、小学生のお子さんや男性が亡くなる事態となっており、とても悲しい事件となってしまいました。

【川崎市通り魔事件】分かっている犯人の特徴など!

この事件、事件発生から時間が経つにもかかわらずなかなか犯人の名前などが公表されません。

とりあえず、これまでに分かっている犯人の情報をまとめました!

  • 年齢は51歳、男性
  • 川崎市麻生区に住んでいた
  • Tシャツに、黒のジーンズのような服装
  • 頭はスキンヘッド
  • がっちりした体系

現在、分かっていることは、これだけでした。

また詳しいことが分かり次第、追記していきますね。

スポンサードリンク

犯人の名前を公表しないのはなぜ?理由は在日外国人?精神障害者?!

犯人の名前がなかなか公表されませんが、

犯人の年齢や居住地まで分かっているのに、名前が分からないということはないはずです。

犯人の名前などは特定されていることは間違いなさそうです。

では、なぜこれだけ時間が経っても公表されないのか理由をいくつか考えていきます。

1.犯人が外国人である可能性がある

マスコミが犯人の名前を出さず「匿名発表」をする理由として、在日外国人の場合である場合があげられます。

注意
在日外国人の定義は「定着居住者(特別永住者、永住者、永住者の配偶者等の在留資格を有する者)・在日米軍関係者・在留資格不明の者」である。

在日外国人が匿名発表される理由としては、

被疑者が属する同国籍の者に差別を誘発する可能性がある

ということが分かりました。

2.犯人が精神障害者である可能性がある

マスコミが犯人の名前を出さない理由の2つめとして、犯人が精神障害者である場合があげられます。

犯行時に心神喪失ないし心神耗弱またはその疑いが認められる者の行為は、法的に量刑の減軽または無罪が前提であることから、匿名が原則とされる。

上記に当てはまるかは分かりませんが、可能性はあるかもしれません。

SNSではこのような情報もでてきていますね。

https://twitter.com/dejiboo1/status/1133223284391026688

しかし、どのような理由であれ、被害者の名前はすぐにあがって、犯人の名前がでてこないというのは、おかしな話ですよね。

まとめ

今回は川崎市通り魔事件の犯人の名前を公表しないのはなぜなのか、その考えられる理由をいくつかまとめていきました。

犯人の名前でないのも気になるところですが、どうしてこんな悲しい事件が起こってしまったのか・・・

亡くなった方やその家族のことを考えるといたたまれません。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です