【川崎市通り魔事件】カリタス小学校の場所や児童数は?どんな学校で校長は誰?

みなさん、こんにちは!

2019年5月28日、神奈川県川崎市多摩区登戸新町の路上で小学生などの複数が刺された事件がありました!

今回は川崎通り魔事件の被害にあった小学生が通うカリタス小学校の場所や児童数、

どんな学校であったのか、校長は誰なのかまとめていきます!

スポンサードリンク

【川崎市通り魔事件】カリタス小学校の場所や児童数は?

2019年5月28日に川崎市登戸で小学生など複数が無差別に男に刺されるという事件が起こりました。

狙われたのは、私立「カリタス小学校」に通う小学生でスクールバスを待っていた児童とのことです。

バスの列に並ぶ子どもたちにいきなり、襲い掛かってきたということです。

被害にあったのは、その場にいた子ども、それを止めにはいった大人で合わせて18人が刺されました。

では、この被害にあった小学生たちが通う私立「カリタス小学校」はどんな小学生であったのでしょうか。

まだ明かされていない犯人の犯行動機などにもつながってくるかもしれないので、まとめていきます。

私立カリタス小学校の場所はどこ?

私立カリタス小学校の住所は、

  • 〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島4丁目6−1

事件の現場は小田急線登戸駅の近くで、

小学校は登戸駅から北西に約1.5キロにある場所でした。

この小学校は事件当時も、小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行していました。

カリタス小学校の児童数は?

2019年の児童数は約700人で男子は1割ということです。

ちなみに、

昨年度の児童数は、647人でした。

そのうちわけは、男子63人女子584人でした。

圧倒的に女子児童が多い小学校であることがわりますね。

私立カリタス小学校はどんな学校で校長は誰?

次に私立カリタス小学校はどんな特徴の小学校だったのでしょうか。

現在、分かっているカリタス小学校については、

  • 学校法人カリタス学園が1963年に設立
  • 生徒のほとんどがスクールバスを利用し通学
  • カトリック教育を重視した学校である(英語・フランス語を学習)
  • 「生き生きと自ら学ぶ喜びを」という教育目標をかかげる
  • 小学校の他に系列の幼稚園や中学校、高校がある
  • 小学校までは共学

ということが分かっています。

そして、カリタス小学校の校長先生は内藤貞子さんです。

今度、会見などが開かれたり、犯人の犯行動機というものが明らかになってくると思うので、注目していきたいですね。

川崎市の通り魔事件のSNSでの反応!

幼い命が無差別に奪われたことに対して、悲しみの声や怒りの声がたくさんありました。

まとめ

今回は川崎通り魔事件の被害にあった小学生が通うカリタス小学校の場所や児童数、

どんな学校であったのか、校長は誰なのかまとめていきました!

こんな悲しい事件がどうして起こってしまったのか、犯人の犯行動機が気になってきます。

命が次々と奪われた恐ろしい事件でした。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です