杉並区・保育士殺害で犯行場所や犯人の現在の行方や特徴は?犯行動機は?

みなさん、こんにちは!

2019年3月26日、東京・杉並区のアパートで32歳の保育士の女性が殺害された事件がありました!

現在も犯人は逃走中ということです!

今回は、この事件がおきた犯行場所や犯人の現在の行方や特徴、犯行動機などをまとめていきます!

スポンサードリンク

杉並区・保育士殺害事件の犯行場所はどこ?

この事件の犯行場所というのが、

東京都杉並区にある、

コンフォール杉並というアパートのようです!

被害者の保育士の女性は、このアパートの2階に住んでいたようですね。犯行場所もそちらになります。

 

 

住所は、〒167-0022 東京都杉並区下井草3丁目10

周辺には住宅がたち並んでおり、この地域の人はとても恐ろしいですね。

杉並区・保育士殺害事件の犯人の現在の行方は?

事件後に、犯人は北の方角に逃走する姿が目撃されています。

犯人の特徴として、

  • 男性
  • 30代前半
  • 身長160~165㎝くらい
  • 黒っぽいコート

詳しい情報がわかり次第また追記していきます。

スポンサードリンク

犯行の動機や理由はなに?空き巣か?

ではこの事件の犯人の動機や理由はなんだったのでしょうか。

事件を詳しくみていくと、

被害者の保育士さんの部屋の窓ガラスが、空き巣などが使う手口で割られていたことが分かっています。

これだけだと、空き巣の仕業だったのか?と思いますが、

被害者の部屋から、財布などは盗まれておらず、、、

携帯電話が見つかっていないのです!

これは犯人が盗んでいったとしたら、空き巣とは考えにくいような気がしてきますね。

 

もしかすると、被害者保育士とトラブルがあったという可能性もあります。

こちらも詳しい情報が分かりし次第、追記していきます。

まとめ

今回は、杉並区・保育士殺害事件がおきた犯行場所や犯人の現在の行方、犯行動機などをまとめていきました!

早く犯人が捕まり、真実が明らかになることを願うばかりです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です