保護者はここを見てる!保育士さんが気をつけること!

保育士さんの仕事の一つであるのが保護者対応ですね。

大事な子どもを預ける側の保護者は、保育士さんの細かいところまでよく見ています。

なかなか働いている保育士さんでは気づきにくいポイントをまとめてみました。

保護者は気にしている!?保育士さんが気をつけたい4つのポイント

1.字の書き方

乳児クラスだと、毎日、連絡帳がある保育園が多いのではないでしょうか。

担任になれば、毎日のように見ることになる保育士さんの手書きの文章。

字の癖はもちろん、誤字や脱字も気になるところです。

時間に追われ忙しい保育士さんも、連絡帳を書く時間は間違いなどがないか保護者に読まれることを考えて読み返すなどしてみてください!

2.子どものお着替え後の服装

子どものお着替えはかなりの頻度でありますよね。

忙しい保育士さんにとって子どものお着替えはすぐに済ませてしまいたいもの!

ズボンの中に上着がインしていたり、上下同じ色の洋服が着せられている光景もよく見られます。

しかし、保護者からするとお迎えに来たとき、子どもの服装に疑問を感じる人も少なくはありません。

細かいことですが、少し気をつかってみてはどうでしょう。

3.汚れ物の汚れや入れ方

保育園では年齢が低いほど、食べ物や砂・泥などといった汚れがつき汚れ物が多くなりますね。

そんな時、汚れ物はどのようにお返ししているでしょうか。また汚れた上着やズボンはどのように入れているでしょうか。

 

私は新人保育士時代に汚れた洋服を脱がして、そのまま汚れ物入れにいれていました。そのまま入れているので、洋服はいつも裏表が逆でした。

実はそれがクレームに繋がったことがあります・・・。

 

食べ物の汚れなど、落とせるものは綺麗に洗うなど落としてからお返しすること、脱がした洋服は裏表などを気にして綺麗に入れるなど意識してみてください。

家に帰って洗濯をしなければいけない保護者のことを考えてみるといいもしれないです。

4.子どもの名前の呼び方

意外にも保育士さんがどのように子どもの名前を呼んでいるのか保護者は聞いています!

呼び捨てや勝手なあだ名をつけて呼ぶのは辞めましょう。

保護者の前では呼んでいない!と言う保育士さんが多いと思いますが、部屋の外まで声が聞こえていることが多いです。十分に気をつけてくださいね!!

 

まとめ

今回は意外と保護者が見ている保育士さんの姿や行動をまとめてみました。

保育士さんにとっては当たり前のことだったり、気がつかないようなことだったりすることが保護者には気になっている場合があります。

この記事を参考にしてちょっと気をつけてみるだけで保護者から喜ばれることがあるかもしれません!ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です