松坂大輔の右肩ケガ(炎症)はいつ誰が!?ファンの特定は?画像あり

みなさん、こんにちは!

2019年2月12日(火)、中日ドラゴンズ所属の松坂大輔選手が沖縄・北谷球場で行われているキャンプの第1クール中に右肩の違和感を覚え、病院で検査したところ、

「右肩の炎症」と診断されたニュースが報じられました。

この炎症理由がなんとファンによるものだと発表されて衝撃でしたね!

どれだけ強い力で引っ張られて、炎症が起こってしまったのか・・・残念な事故です。

今回は、松坂大輔選手の右肩の腕を引っ張り、炎症させてしまったのはいつの出来事だったのか、

またファンの誰がさせてしまったのか特定されているか調べてみました。

スポンサードリンク

中日・松坂大輔選手とは?

松坂大輔選手(38)

名前 松坂 大輔 (まつざか だいすけ)

生年月日 1980年9月13日

出身地 青森県青森市

身長 182センチ

現在は中日ドラゴンズに所属されています。

松坂大輔選手の右肩ケガはいつ誰が?ファンの特定はされている?

松坂大輔選手の右肩の炎症は一体いつ誰によっておこってしまったのでしょうか。

まず、松坂大輔選手らが沖縄・北谷球場で行っていたキャンプは2019年2月1日からでした。

そして、松坂大輔選手が右肩の違和感を覚え、病院で「右肩の炎症」と診断されたのが、2019年2月12日のことです。

球団は、この松坂選手の右肩の違和感について”数日前”からと明かしています。

数日前とのことなので、2019年2月7日~10日くらいに起こった出来事なのではないかと思われますね。

ファンに囲まれる松坂大輔選手

では、いったい誰が、松坂大輔選手の右腕を引っ張り、炎症させてしまったのか。

これに関しては、松坂大輔選手ご本人や球団の関係者は明かしていませんでした。

しかしチームの関係者は、

松坂本人が分からないわけない。

日にちはもちろん、男性か女性かも本当は分かっていると思う。

だけど、松坂は自分の口でそれを具体的に明かしてしまったら、その人が特定されてしまって相当なバッシングを受けかねないと心配してぼかしているんだと思う。

と述べています。

一方では、

犯人を必ず捕まえて、刑事事件へ・・・などの声もあり、

ファンの間でも犯人への批判が殺到しています。

ファンと握手をする松坂大輔選手

今回の右肩負傷で、2019年2月14日にはセカンドオピニオンも求める方向です。

右肩の炎症、これからどのように影響してくるのかわかりませんが、

ファンとしては一日も早い復帰を願っています。

スポンサードリンク

この事件をうけSNSからはこのような声が!

今回の事件で批判がある一方、松坂大輔選手の対応を絶賛する声や心配する声があがっています。

まとめ

今回は、松坂大輔選手の右肩の腕を引っ張り、炎症させてしまったのはいつの出来事だったのか、

またファンの誰がさせてしまったのか特定されているか調べてみました。

犯人の特定までは現時点ではされていませんでしが、

事態の大きさはかなり深刻であるため、これから判明してくる可能性もありますね。

また犯人が特定され次第、追記していこうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です