V6いのっち提案のひよこボタンの使い方や効果は?実際に使ってみた感想!

みなさん、こんにちは!

2016年10月、NHK「あさイチ」の番組内でV6の井ノ原快彦(いのっち)さんが、

子育てに優しい社会のしくみで「ひよこボタン」というものを提案しました。

2年越しにこの「ひよこボタン」が今、話題となり、アプリをインストールする人が急増しているそうです。

今回は、この「ひよこボタン」の使い方や効果など、実際に私がインストールして使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

V6いのっちが提案した「ひよこボタン」ってなに?

2016年10月19日のNHK放送の「あさイチ」では、「気をつかいすぎ?社会」を特集していました。

番組内では、マタニティマークを付けづらい気持ちやママ友とのお付き合いにおける細かな気づかいなどの悩みが紹介されました。

そこで、V6の井ノ原さんから提案されたのが話題の「ひよこボタン」です。

飛行機や電車に「ひよこボタン」を設置しておいて、子どもが泣き出したときにみんなでそのボタンを押すと、あちこちから「ピヨピヨ、ピヨピヨ」と鳴り出すというもの。

その音には「ぜんぜん大丈夫よ」「どんどん泣きなさい。子どもは泣くのが仕事ですよ」というメッセージが込められている。

つまり、赤ちゃんが泣いたら、その周りの人がお母さんたちへ”泣いても、大丈夫だよ”メッセージとして使うのがこの「ひよこボタン」です。

 

当時、番組ではこの「ひよこボタン」を提案した経緯を井ノ原さんは、このように話しています。

子育てを応援したいという気持ちもあっても、バスや電車などの中などでは、なかなか当人に声をかけられないのではないか。

「(当人を)見ちゃうと、にらんでると思われちゃうから、つい目をそらす。

でも、気持ちとしてはみんな、『大丈夫だよ、大丈夫だよ』と思っているんだけどいえないから、ひよこボタン」

一緒に番組の共演をしていた有働由美子アナなども「それはいい!」と大絶賛でした。

そして、この提案からすぐに開発されたのが持ち運びできる「ひよこボタン」です。

 

「ひよこボタン」の使い方とその効果は?

「ひよこボタン」の使い方!

「ひよこボタン」の使い方はとてもシンプルです!

まずは、ひよこボタンをインストール!

次にこの画面が出てきます。

 

「ひよこボタン」と書いてあるところと、下記の画像部分を押すと、

「ぴよぴよ」とひよこのかわいい鳴き声がします。

 

また、犬と猫のイラスト部分を押すと、「ワンワン」、「ニャーオ」という鳴き声がします。

これは、赤ちゃんにも利用できる機能ということですね。

これで泣き止んでくれれば、お母さんも安心かもしれませんね。

注意
iPhoneではマナーモード解除で音がなるようです

「ひよこボタン」の効果は?

実際にすでに「ひよこボタン」を使ってみたという方がいたみたいで、その効果をSNSで報告した人がいました。

またこれをうけて、インストールする人も増え始めているようですね!

スポンサードリンク

実際にインストールして使ってみた感想!

このアプリを知って、私もぜひ使ってみよう!と思いインストールしてみました。

実際にアプリを使ってみると、

操作はかなりシンプルで誰でも使いやすいな、という印象でした!!

「ぴよぴよ」という音も可愛らしく、公共の場でも使いやすいのかなと感じます。

 

ちなみにこれは、赤ちゃんによっても個人差はあるかと思いますが、

泣いている子どもに聞かせてみると、一瞬泣き止みました(笑)

興味をもって、実行する人が増えれば、知名度も上げっていくのではないかと思います。

またこの音がきっかけとなって、直接声もかけやすくなるのでは・・とも思います。

私もこれからは、電車やバスで泣く赤ちゃんを見かけたら、このアプリを活用していきたいと思います。

まとめ

今回は、V6のイノッチが番組内で提案した「ひよこボタン」の使い方や効果、実際に私がインストールして使ってみた感想をまとめました。

せっかくこのようなアプリが開発され、注目度も上がっているようなので、このアプリの認知度があがり、使う人が増え、

子育てを頑張る人たちに優しい社会になればいいですね。

興味を持った方はぜひ、インストールしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です