歌舞伎町発砲事件の原因は住吉会系元暴力団同士のトラブル?!犯人の現在の行方は?

みなさん、こんにちは。

2019年1月21日18時35分頃、東京都新宿区歌舞伎町一丁目のカラオケ店4階で、発砲事件がありましたね。

事件現場は歌舞伎町の中心地らしく、周りには飲食店や映画館まである場所らしいです!!

そんな場所での発砲事件で、しかも暴力団関係者とのトラブルということで、びっくりした方も多かったのではないでしょうか。

また現在も犯人は逃走中であることから、この付近に近寄ることも恐ろしく感じますね。

今回は、歌舞伎町の発砲事件の原因や犯人の現在の行方についてまとめてみました!

スポンサードリンク

歌舞伎町の発砲事件の原因は住吉会系暴力団同士のトラブルだった?

歌舞伎町の発砲事件の被害者として、

韓国籍の李興宗(65)さんという方が明らかになりましたね。

胸に3発の銃弾を受けていたところを発見されたようで、被害者の方はお亡くなりになったそうです。

発砲音もあったようなので、近隣の人々はそれは恐怖だったことでしょう。

そして22日現在、このような情報がでてきました。

組対4課によると、李さんは20年以上前、指定暴力団住吉会系の組員だった。

逃げた男も暴力団関係者とみられる。

同課は個人的なトラブルの可能性もあるとみて詳しい状況を調べる。

なんと、被害者も逃走中の犯人も暴力団同士だったということですね。

どのようなトラブルだったかの詳細ははっきりとしていませんが、今後、犯人がつかまり詳しい情報が出次第、追記していきます。

歌舞伎町の発砲事件の犯人の現在の行方は?

歌舞伎町の発砲事件の犯人は、事件後、

現場の南東方面の新宿区役所方面にバイクで向い計画的に逃走した可能性があるようです。

また逃走する際に使ったと言われるスクーターとヘルメット、着用していた赤色の帽子が現場から北東約600メートルの新宿区大久保の路上で見つかっています!

スポンサードリンク

歌舞伎町の発砲事件の現在の犯人の特徴は?

発砲事件後の犯人の逃走時の特徴として、

  • 50代~60代の男性
  • 赤い帽子と上着
  • 青色のズボン
  • バイクで逃走

という情報が出ていましたが、

現場周辺で赤い帽子やスクーターが見つかっていることから、すでに目立つような赤い上着などは着用していないのではないかと思います。

また事件に使われた拳銃がまだ見つかっていないため、犯人は拳銃を所持している可能性があります。

犯人は現在もまた逃走中なので、とても恐いですね。

まとめ

今回は2019年1月21日18時35分頃、東京都新宿区歌舞伎町一丁目のカラオケ店4階で起こった発砲事件についてまとめていきました。

どのようなトラブルがあったのかは分かりませんが、暴力団同士のトラブルということですし、犯人はまだ捕まっていないため、

国民も安心できない日が続くのはないかと思います。

一刻も早く犯人が捕まることを願っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です