globe・KEIKOツイッター再開理由!2019現在の病気の状態は?画像あり

みなさん、こんにちは!

2019年1月14日(月)にglobe・KEIKOさんがツイッターを再開しましたね!

globe・KEIKOさんといえば、2011年にクモ膜下出血ため倒れられてから現在は病気療養中とのことでした。

ちなみにKEIKOさんのツイッターは、2017年12月11日以来、更新されておらず、今回のツイートは約1年1カ月ぶりの投稿となりました!

KEIKOさん自身の発信にファンも喜びの声が上がっていますね!

今回は、KEIKOさんがツイッターを再開した理由や現在の様子などをまとめした。

スポンサードリンク

globe・KEIKOさんツイッター再開理由!現在の病気の状態は?

globe・KEIKOさんとは?

名前 小室 桂子(こむろ けいこ)

生年月日 1972年8月18日

出身地 日本大分県臼杵市

職業 歌手、作曲家

血液型 A型

夫は同じglobeのメンバーの小室哲哉さんです。

2018年1月19日、夫である小室哲哉さんが会見で、妻であるKEIKOさんが高次脳機能障害を患っていることを明かしています。

globe・KEIKOさんツイッター再開!その理由は?

globe・KEIKOさんがこのようにツイートしています!!

久しぶりのツイートにファンもこのように声をかけています!

そして続けてKEIKOさんがこのようなツイートがされているんですね!

かわいこちゃんとは一体誰のことなのかは分かりませんが、かわいこちゃんのお誕生日が嬉しくてツイートしたかったため、ツイッターを再開されたみたいです!!

理由がどうであれ、ファンにとっては嬉しい報告でしたね!

ちなみに、KEIKOさんのツイートはほとんどおやすみなさいツイートばかりですが、今回のツイッター再開から何か変化があるのか注目ですね!

スポンサードリンク

現在の病気の状態は?

2011年にクモ膜下出血ため倒れられてから現在は病気療養中であるはずのKEIKOさんですが、夫である小室哲哉さんは会見でこのように語っています。

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなって、かわいそうな気持ちもあった。」

 

KEIKOさんが高次脳機能障害を患っていることを明かしていますが、その症状は様々であるそうです。

高次脳機能障害のその症状は多岐にわたり、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害等で脳の損傷部位によって特徴が出る。

損傷が軽・中度の場合には核磁気共鳴画像法(MRI)でも確認できない場合がある。

その障害は外からでは分かりにくく自覚症状も薄いため隠れた障害と言われている。

よく、一言で「高次脳」と略されるため、脳内にそのような部位があるのか、と勘違いされることがあるが、そうではなく、分かりやすく記すれば「高次の脳機能の障害」ということである。

伝統的、学術的、医学的な定義による高次脳機能障害は、脳損傷に起因する認知障害全般を示すものである。例えば症状に失語症また認知症がある。

このようにあるため小室哲哉さんが会見で述べた言葉だけではKEIKOさんの症状など詳しいことは分かりません。

ただ、ツイッターを再開できるほど、現在は回復してきていると思っていいのではないのでしょうか。

調べてみるとこんなKEIKOさんの最新画像が出てきました。

 

それがこちら!

出典:文春デジタル

この写真をみると、コミュニケーションがとれず、介護が必要な状況であるとはとても思えませんね!

またKEIKOさんのツイッターにこんな返信もありました。

https://twitter.com/yuca0224/status/1084729912739618816?s=21

 

詳しいことは分かりませんが、ツイッターが再開され少しずつでもKEIKOさんからファンに向けて発信があることは嬉しいです。

KEIKOさんのペースでいいのでこれからの活動や発信を楽しみにしたいですね。

 

まとめ

今回はglobe・KEIKOさんが2019年1月14日にツイッターを再開された理由や現在の様子などについてまとめてみました。

約一年ぶりのツイッター再開に喜ぶファンも多いのではないでしょうか。

現在は、夫である小室哲哉さんと会っているのかなど、ファンとしては気になることがたくさんありますね!

KEIKOさん自身のツイッター再開からご自身の状況や小室哲哉さんとの関係、これからの活動など何か発信される可能性もあるので今度も注目していきたいですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です