【新年号】令和が可愛いやかっこいいの声!令和の評判や読み方や響きは?

みなさん、こんにちは!

2019年4月1日に新年号が発表されましたね!

新しい新年号は「令和」となりました!

みなさんは、この新年号についてどう思われましたか?

今回は、新年号「令和」の意味や理由について、「令和」と発表されてからのネットの声についてまとめていきます。

スポンサードリンク

【新年号】令和の読み方や理由、意味は?

新年号の「令和」、

読み方は、”れいわ”といいます!!

2019年に新年号が「令和」と発表されましたが、この「令和」と決まった理由はなんだったのでしょうか。

菅義偉(すが よしひで)さんによって、この新年号が発表されましたが、

この後、内閣総理大臣の安倍さんにより「令和」に決定した理由が話されました!

万葉集からの抜粋で、

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

意味や理由は、

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。

梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。

ということらしいですね!

なんと日本人らしくて素敵な理由なんでしょうね。

【新年号】令和が可愛いしかっこいい!とネットで話題に!評判や響きはいい?

新年号の「令和」が発表されてから、ネットでは続々と令和について様々な声があがっていますね!!

響きが可愛いという声やなんだかかっこいい!と感じる人がかなり多いですね!

一部、ダサい・・・との声もありますが、評判は良いほうなのではないでしょうか!

意味や理由もこれからの時代にはぴったりですね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、新年号「令和」の意味や理由について、「令和」と発表されてからのネットの声についてまとめていきました!

素敵な新年号が決まってうれしいですね。

私も新年号が「令和」と決定した時は、”かっこいいなー!”と話していました!

まだ使うと違和感がありますが、これから少しずつ慣れていくんでしょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です