【東海村】研究所の放射性物質漏れはいつ・どこで?!人への影響は?過去にも臨界事故があった!!

みなさん、こんにちは!

2019年1月30日(水)、茨城県の東海村で放射性物質漏れとのニュースが入ってきました。

今回は東海村の放射性物質漏れがいつ・どこで起こったのか、また以前も起こった東海村の臨界事故についてまとめました。

スポンサードリンク

東海村の放射性物質漏れはいつ起こった?

2019年1月30日の夕方頃に東海村で放射性物質漏れとのニュースがありました!

では放射性物質漏れはいつ起こったというと・・・

2019年1月30日午後2時半ごろ、茨城・東海村にある核燃料サイクル工学研究所で、「グローブボックス」と呼ばれる容器から中のものを取り出す作業中に、放射性物質を検知する警報が鳴ったという。

これにより放射性物質が漏れた恐れがある。

つまり、午後2時頃、警報が鳴ったことで、放射性物質漏れの可能性があると分かったようです。

放射性物質が漏れたとされる場所はどこ?

今回、放射性物質が漏れたとされるのは、

「日本原子力研究開発機構 東海研究開発センター 核燃料サイクル工学研究所」と呼ばれる場所でした。

〒319-1112 茨城県 那珂郡東海村村松4−33国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所

人への影響は?

現在、作業員9人が被ばくしているか確認中。

※9人中4人が無事との情報が入りました。

放射性物質の環境への影響はないとのことです。

スポンサードリンク

以前もあった東海村の臨界事故とは?

東海村のニュースが流れ、SNSではこのような声がよく見られました。

 

”また”というのはどういうことなのかというと、

以前にも東海村JCO臨界事故(とうかいむらジェー・シー・オーりんかいじこ)というものがあったんですね。

この事故は1999年9月30日に起こりました。

茨城県那珂郡東海村にある株式会社ジェー・シー・オーの核燃料加工施設で発生した原子力事故(臨界事故)。

日本国内で初めて、事故被曝による死亡者を出した。

JCO東海事業所の核燃料加工施設内で核燃料を加工中に、ウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が発生、この状態が約20時間持続した。

これにより、至近距離で中性子線を浴びた作業員3名中、2名が死亡、1名が重症となった他、667名の被曝者を出した。

ちなみに、場所はこちらです。

何度もこのような事故が起こっていては、そこで暮らす住民も安心できませんね。

東海村で放射性物質漏れで戸惑う声も!

 

まとめ

今回は東海村の放射性物質漏れがいつ・どこで起こったのか、また人への影響はあるのか、過去にもあった東海村の臨界事故についてもまとめました。

この事故で被害が大きくならないことを祈るばかりです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です